結婚して苗字が変わるということ

結婚で名字が変わることに、びっくりするくらいショックを受ける方もいます。

こんな相談を受けました。

 

私、来年、結婚します。

私は昔から、出来れば名字は変えたくないな。。と思っていました。

希少な名字っていうのもあるんですけど。

結婚する相手の彼は三男。私は姉妹の末っ子。

もしかしたら名字を変えなくてもいいかもしれない。。

そんな微かな希望を持っていました。

お互いの両親に挨拶をして、結婚の日取りも決まりました。

付き合っている時から、どちらの名字になるか?

といった話を冗談混じりで、していましたが、彼側の両親の意見がわからなかったので、両家の顔合わせまでには、そちら側でどう思っているかを話しておいてほしい。と頼んでいました。

私の両親は、以前親戚がそれでもめて、破談になったり、絶縁状態になったこともあったので、来てくれたら嬉しいけれど、来てもらわなくても構わない。

というスタンスで、それを彼側にも伝えていました。特に「家を継ぐ」という感覚はなく、墓だけ守ってくれればそれでよい。と言われていました。

頼んでから数週間後・・・彼側の結論は、嫁に欲しい!でした。
その理由は、彼のお兄さん2人が結婚していないから。。でした。

そりゃあそうだよなー、やっぱりな~~と思うのですが。。

名字が変わることが現実となり、嫌で嫌で仕方がない気持ちが出てきました。

自分でも、名字が変わるだろう。と思っていたはずなのに、ものすごく嫌なのです。。

ただダメということなら諦めもついたでしょうが、数週間、ずっと彼側も迷っているようでしたし、理由がお兄さんたちが結婚していないから。。

ということで、結婚していてくれたらよかったのに。。

なんて思ってしまう自分もいます。。

私の両親は初めから名字変わると思っていたため、こんな風に思っているのは私だけです。。

自分自身でも、こんなに名字が変わることが嫌だったなんて!!と驚いています。

ごねる気はないので私が気持ちを切り替えればよいだけなのですが。。

海に向かって叫べばいいのか?どうしたら気持ちが晴れるのかさっぱりです。。

こんなご相談を受けました。

名字が変わるのが嫌だと思う人、思わない人色々いるんだろうなあ〜〜って思います。

20年以上自分を示してきたものが変わってしまう。確かに喪失感もあるし、大好きな家族を示す名字を変えるのは抵抗ありますよね。。

相手が好きだろうとなんだろうと、失うのは悲しい。そう思います。

名前より名字で呼ばれることが多い方は、特に。

私の個人的な意見としましては、現代は、別性を名乗ってもそこに愛が確かにあるのであれば、いい様な気がします。

ずっとガマンするよりは、その方がいいかもしれません。いずれ気が変わったときに、変えるのも一つの方法かもしれません。

私の友人の中にも、そんな方はいます。でも2人のお子さんにも恵まれ、幸せいっぱいで暮らしていますよ〜〜!!

One Ringワンリングで結婚指輪を手作りするときには、名字ではなく、お互いの名前やイニシャルが刻めます! 大事な相手のニックネームなども刻めますよ〜!

 

マリッジリング?ウエディングリング?どっちが正しい?

結婚指輪のことを、皆さんどちらで呼んでいますでしょうか?

”マリッジリング”ですか?それとも”エンゲージリング”?

”エンゲージリング”は婚約指輪のことです。

結婚指輪を英訳する場合は、wedding band(ウェディングバンド)、あるいはwedding ring(ウェディング)が正解です。前者はアメリカで、後者はヨーロッパで広く使われています。

日本では、結婚指輪のことを  ”マリッジリング”  と  ”ウエディングリング”  の2通りの呼び方で親しまれています。

どちらの呼び方も間違っていません。業界でも、皆さんでも、一般的によく使われているのは、”マリッジリング”の方です。

ただし、”マリッジリング”  は和製英語なのです。。

えーーって思う方もいらっしゃるかと思いますが、音の響も完全に英語なのになんで?って。。

でも、和製英語のひとつなのです。。皆さま、結構知らないで使っているんです。。

例えば、有名な和製英語なのが、サラリーマン(英語ではオフィスワーカー)やノートパソコン(英語ではラップトップ)といった言葉と同様です。

日本人が、英語と英語を組み合わせて作った造語になんです。

まあ、伝わればどっちでもいいじゃん。って思う方もいらっしゃると思いますが、これから”海外挙式”をお考えの方もいらっしゃると思いますので、是非ご参考まで。

英語圏のネイティブスピーカーさんに  ”マリッジリング”  と言うと、意味は伝わるかもですが、わからない方もいます。

”マリッジリング”と”ウエディングリング”  この2つの言葉は、微妙な意味の違いがあります。

辞書などで調べてみると、マリッジ(marriage)のほうは、結婚、婚礼、夫婦関係、結婚生活。といった意味です。

”背景の暗示や感情的な含みのない一般的な語”とされています。

一方、ウエディング(wedding)は、強い感情的な含みがあり、結婚式とそれに伴う祝宴を指します。

結婚する、嫁ぐ、夫や妻にする。という意味の動詞である  ”wed”  の進行形として派生した言葉。とされています 。

ということは、お互いの親密な固い絆を結ぶ記念。という意味で、強く感情的な意味で使いたい方は、ウェディング(wedding)の方が最適かもです。言葉の由来から考えてみても、意思のある結婚。という能動的なイメージを持っています。

英語圏の方からすれば、マリッジリングは、婚礼用指輪、縁組用指輪。みたいな、ちょっとだけ堅苦しい、事務的な言葉に聞こえてしまうのかも?しれませんね。。

元々は、結婚指輪をすること自体が、海外から入ってきた文化ですので違いがあるのは当然かもしれません。。

結婚指輪の由来から考えてみても、ウェディング(wedding)のほうがベターだと言えそうです。

結婚指輪が、中世ヨーロッパで上流階級から一般層にまで広まったのは、9〜13世紀頃とされています。 9世紀に当時のローマ教皇が、結婚指輪を結婚の証明として用いた。という伝承があり、11世紀の書物にも結婚式で指輪交換をした。という記録が残っています。

ヨーロッパから日本に、結婚指輪を交換する。という文化が入ってきたのは、19〜20世紀頃です。大正時代になると、一般の層にも広がり、結婚式でお互いに贈り合う。という習慣を取り入れる夫婦も出てきたと言われています。

多分このあたりで、”マリッジリング”という言葉が出てきたようです。

どこかの宝石商が、名をつけたのか、一般の方がそう呼び始めたのかはわかりませんが、どちらも間違っていないですし、正しいです!

日本の結婚業界では、すっかり定着しているのは”マリッジリング”です。

国内で使う分には、全く問題ないですし、実際のところ”ウェディングリング”と言うよりも伝わりやすいと思います。

他の和製英語と同様に、海外の人と話すときだけは、そう言ったほうがスムーズにコミュニケーションが取れる。という点だけですかね。

せっかくだから、情熱的な意味のある言葉のほうで呼びたい!

というカップルさんは、あえて“ウェディングリング”と呼ぶのも素敵かもしれません。例えば、結婚式の時、”ウェディングリングの交換です”といった言葉を使ってみるのも良いのではないでしょうか。

もちろんOne Ring(ワンリング)では、マリッジリングでもウエディングリングのどちらで呼んで頂いて大丈夫です(笑)

 

 

エンゲージペンダント

 

エンゲージペンダント(婚約ペンダント)、プロポーズペンダント。

あまり聞いたことのない方も多いかなと思いますが、エンゲージリング(婚約指輪)が基本的には、プロポーズの時に贈られるものとしては一般的とされています。

ですが、最近One Ring(ワンリング)にご来店されているお客様の中には、婚約指輪(エンゲージリング)の代わりに、ダイヤモンド一粒石のペンダントを作りたい!というお客様も増えております!

プロポーズの時に、ダイヤモンドを贈る意味としては、相手に対して、揺るぎない愛や絆。透き通った純粋な気持ちを表現したものです。

そういう気持ちを表す意味としては、ダイヤモンドが指輪になっていても、ペンダントになっていても、同じだとおもいます。

中にはこんなお客様もいらっしゃいました!

プロポーズする時点では、一緒に暮らしてなかったので、彼女さんの薬指のサイズが全くわからず、困っていたのですが、ペンダントなら指輪ほど、きっちりとしたサイズが分からなくても大丈夫ということになりまして、ダイヤモンドのペンダントを手作りして、彼女さんに贈ることに致しました。

色々なデザインをお考えになったのですが、どんな服装にも会う様にと、何歳になっても、ずっと身につけられる様に!

ということで、迷った結果、やっぱりダイヤモンドが主役になる様にということで、土台がプラチナでシンプルに、デザインを決めててつくりいたしました。

結果、プロポーズの時に、彼女さんの左手の薬指のサイズを気にして、冷や汗をかかずに、すんなりと首につけてあげて、プロポーズは大成功!! だったのです

その後は、結婚指輪をお作りに二人でご来店くださいました。

こんな感じで、One Ring(ワンリング手作り指輪工房 )では婚約指輪(エンゲージリング)の代わりに一粒石ダイヤモンドのエンゲージペンダントを手作りして、プロポーズされる方が多いいです。

一粒石ダイヤモンドペンダントは、身につけた時に、落ち着いた色味のお洋服に合わせた時には、より大人っぽく見えますし、明るい色味のお洋服に合わせたときは、より華やかに見えます。

指輪よりもペンダントの良いところは、日常生活の中で、家事や仕事をする時にあまり気にならない事です。

婚約指輪(エンゲージリング)基本的なデザインとして、ダイヤが指輪よりも出っ張った形状です。

デザイン的にはとても見栄えは良いのですが、日常生活使いにむかず、あまり実用的ではないです。。

例えば、洗い物をする時やお洗濯。お掃除とか。傷つけたり、汚したり、無くしたりしないか?

と。気になってしまい。。身につけたり、外したり、という方は沢山います。

結婚をして、赤ちゃんが生まれたりして、大事な赤ちゃんを傷つけたりする可能性もあるので、心配だからずっと身につけていない。。なんて方もいらっしゃいました。

そんな理由から、婚約指輪を無くさないようにと、しまってしまい、タンスの肥やしにしている人が、ほとんどだそうです。。

男性からしてみれば、あれだけ色々と、心を込めて手作りしてプレゼントした婚約指輪が、タンスの奥にしまわれたままであるのは、とても悲しいですよね。。

ペンダントであれば、そのようなことをまったく気にする必要はありませんよね。

ペンダントは、そう考えると日常生活で、指輪よりも身に付け易いと思います。婚約ペンダントは普段着ているお洋服にも邪魔する事なく、家事をこなす奥様にとってもなくす心配と、汚れたり、破損したりという不安からも解放されます。

それと、プレゼントした男性にとっては、長い間身に付けてくれる事。ほど嬉しいことはありません!

One Ring(ワンリング )は、手作り指輪だけでなく手作りペンダントもご好評頂いております。彼女さんの左手薬指のサイズが分からない方。是非、婚約ペンダントを手作りしてみてはいかがでしょうか?

指に入らない。。なんて失敗はありません!