マリッジリング?ウエディングリング?どっちが正しい?

結婚指輪のことを、皆さんどちらで呼んでいますでしょうか?

”マリッジリング”ですか?それとも”エンゲージリング”?

”エンゲージリング”は婚約指輪のことです。

結婚指輪を英訳する場合は、wedding band(ウェディングバンド)、あるいはwedding ring(ウェディング)が正解です。前者はアメリカで、後者はヨーロッパで広く使われています。

日本では、結婚指輪のことを  ”マリッジリング”  と  ”ウエディングリング”  の2通りの呼び方で親しまれています。

どちらの呼び方も間違っていません。業界でも、皆さんでも、一般的によく使われているのは、”マリッジリング”の方です。

ただし、”マリッジリング”  は和製英語なのです。。

えーーって思う方もいらっしゃるかと思いますが、音の響も完全に英語なのになんで?って。。

でも、和製英語のひとつなのです。。皆さま、結構知らないで使っているんです。。

例えば、有名な和製英語なのが、サラリーマン(英語ではオフィスワーカー)やノートパソコン(英語ではラップトップ)といった言葉と同様です。

日本人が、英語と英語を組み合わせて作った造語になんです。

まあ、伝わればどっちでもいいじゃん。って思う方もいらっしゃると思いますが、これから”海外挙式”をお考えの方もいらっしゃると思いますので、是非ご参考まで。

英語圏のネイティブスピーカーさんに  ”マリッジリング”  と言うと、意味は伝わるかもですが、わからない方もいます。

”マリッジリング”と”ウエディングリング”  この2つの言葉は、微妙な意味の違いがあります。

辞書などで調べてみると、マリッジ(marriage)のほうは、結婚、婚礼、夫婦関係、結婚生活。といった意味です。

”背景の暗示や感情的な含みのない一般的な語”とされています。

一方、ウエディング(wedding)は、強い感情的な含みがあり、結婚式とそれに伴う祝宴を指します。

結婚する、嫁ぐ、夫や妻にする。という意味の動詞である  ”wed”  の進行形として派生した言葉。とされています 。

ということは、お互いの親密な固い絆を結ぶ記念。という意味で、強く感情的な意味で使いたい方は、ウェディング(wedding)の方が最適かもです。言葉の由来から考えてみても、意思のある結婚。という能動的なイメージを持っています。

英語圏の方からすれば、マリッジリングは、婚礼用指輪、縁組用指輪。みたいな、ちょっとだけ堅苦しい、事務的な言葉に聞こえてしまうのかも?しれませんね。。

元々は、結婚指輪をすること自体が、海外から入ってきた文化ですので違いがあるのは当然かもしれません。。

結婚指輪の由来から考えてみても、ウェディング(wedding)のほうがベターだと言えそうです。

結婚指輪が、中世ヨーロッパで上流階級から一般層にまで広まったのは、9〜13世紀頃とされています。 9世紀に当時のローマ教皇が、結婚指輪を結婚の証明として用いた。という伝承があり、11世紀の書物にも結婚式で指輪交換をした。という記録が残っています。

ヨーロッパから日本に、結婚指輪を交換する。という文化が入ってきたのは、19〜20世紀頃です。大正時代になると、一般の層にも広がり、結婚式でお互いに贈り合う。という習慣を取り入れる夫婦も出てきたと言われています。

多分このあたりで、”マリッジリング”という言葉が出てきたようです。

どこかの宝石商が、名をつけたのか、一般の方がそう呼び始めたのかはわかりませんが、どちらも間違っていないですし、正しいです!

日本の結婚業界では、すっかり定着しているのは”マリッジリング”です。

国内で使う分には、全く問題ないですし、実際のところ”ウェディングリング”と言うよりも伝わりやすいと思います。

他の和製英語と同様に、海外の人と話すときだけは、そう言ったほうがスムーズにコミュニケーションが取れる。という点だけですかね。

せっかくだから、情熱的な意味のある言葉のほうで呼びたい!

というカップルさんは、あえて“ウェディングリング”と呼ぶのも素敵かもしれません。例えば、結婚式の時、”ウェディングリングの交換です”といった言葉を使ってみるのも良いのではないでしょうか。

もちろんOne Ring(ワンリング)では、マリッジリングでもウエディングリングのどちらで呼んで頂いて大丈夫です(笑)