2種類の指輪の作り方。鍛造と鋳造について。

今回は、よくご質問される指輪の製法についてお話ししたいと思います。

たんぞうとちゅうぞう。言葉の響きからは、ちょっと忍者みたいな、双子みたいな発音ですよね。

言葉も似ているので、どっちがどっち?と解りにくいので、解りやすくご説明させて頂きます。

 

まずは鍛造ですが、簡単に言うと、叩いて作る方法です。

 

鍛造は、元となる金属製の材料をハンマーなどで何度もたたき、形を作って行く方法です。

この方法では、金属の性質上、叩けば叩くほど金属の結晶が整うため、強い製品ができるという特徴があります。

古来、日本では、刀剣や農具、茶器などを職人たちが、色々な金属を根気よく叩いて作ってきました。

例えば、刃物で言えば、刀鍛冶なんかは想像しやすいかもしれませんね。

 

まず、加工する金属を、真っ赤になるまで、金属を熱します。

昔は、燃え盛る炎の中に入れてましたが、現在はバーナーなどで熱します。

高温で加熱した金属は、徐々に赤く変化していき、柔らかくなって行きます。

そうなった状態になると、金属の結晶が正常な形に変化します。

この状態を「再結晶」と呼びます。

再結晶の状態となった金属は、加工がしやすい状態になっており、この状態で曲げたり、形を変化させます。

加熱して、金属が柔らかくなった状態で加工するため、ある程度は自由に形を変えることが可能です。

また、加熱され柔らかくなった状態で、何度も何度も叩くことで、金属内部の結晶粒が細かくなり、ムラがなく、均質に仕上げることも可能になります。

職人の間では、この何度も叩いて行く状態を、締める。とか呼んでいます。

本当に金属が硬くなって行き、締まるのです。

実際に、結婚指輪や婚約指輪などは、素材が金やプラチナで出来ているため、わかりやすく伸びて、叩き続けると硬くなって行くのがわかります。

例えば、サイズ直しも、同じ要領です。

直したい指輪の宝石を、全て外してから、バーナーで真っ赤になるまで熱します。 そうなったら、水の中に一気に入れて瞬間で冷やします。

一瞬で冷えて、手で触れるので大丈夫です。(火傷しません)

 

その状態になれば、見た目では解りませんが、先ほどご説明させていただいた通り、金属の結晶が整い、柔らかくなり加工しやすくなります。

指輪を鉄製の芯棒(サイズ棒)に通して、広げたいサイズになるまで、何度も叩いて広げて行きます。

叩き終わったら、ヤスリで形を整えて仕上げ磨きをして終了です。

 

注意ですが、常温に近い状態になった金属は固く、加工もしにくいため、叩きすぎると割れてしまう可能性が高いことも忘れてはなりません。

でも、硬くなった金属は、加工する時に金属の表面がきれいに仕上がるという特徴があるため、寸法や形状の精度を高めることができるという特徴もあります。

鍛造のメリットとデメリットですが、良いところは、硬く締まった指輪になる事と、ハンマーで何度も叩くので、作った感がある。ところです。

鍛造のデメリットは、シンプルな形しか出来ない。。というところです。鉄製ハンマーで何度も叩いて制作するので、手が疲れる。。というところもです。手作り工房店さんのなかには、バーナーで溶接もご自分でやれるところもあるようですが、本当にお気をつけくださいませ。ちょっとでもバーナーのひに触れたら、大火傷します。普段、ハンマーやバーナーなど使わない人にとって、思わぬ大怪我につながることもあります。。

そんな理由で、One Ringワンリングでは、お客様に思わぬ事故などで、大怪我して、大切な思い出を壊さないようにするため、鍛造は行っておりません。

ハンマーやバーナーを使わないので、指をハンマーで叩く心配もバーナーで大火傷などの心配は一切ございません!

指輪の型の元となる材料は、ワックスというロウソクのロウのようなものですので、危険もなく、直すことも簡単ですので、自由な形が制作できます。

そのような理由から、One Ringワンリングでは、鋳造の製法を行っております。

ご安心くださいませ!

 

鋳造の製法ですが、簡単に言うと、ドロドロに溶かした金属を型に流し込み、冷やすことで製品を製造します。

この方法では、型さえ作ってしまえば、複雑なデザインの製品や小さな製品でも、同じ物を何個も作ることができるようになる。というメリットがあります。

現在、お店やブランドさんで販売されている、婚約指輪や結婚指輪、などはほとんどがこの鋳造という方法で作られています。

古代から、鍛造と同じように金属製の器や、飾り物、生活用品、車、公共物、ジュエリーまで、本当に様々なものが、この鋳造という方法で作られています。

一回型を作れば、何度も同じ形のものが沢山出来るので、量産物に適している製法です。

One Ringワンリングでは、ジュエリーブランドさんと同じ、この鋳造の製法で制作いたします。

製法は一緒ですが、決定的に違うのは、一個しか作らないということです。

お客様が自分の手で手作りした、ワックスの指輪をお預かりして、経験豊富な職人が、ワックスを修正し、仕上げます。

その後、お客様にご確認いただきます。

ご納得された形になりましたら、お預かりして、鋳造いたします。

鋳造後、ジュエリー職人が一点一点、手作業で仕上げてお渡しいたします。

 

 

http://one-ring.me